一部の高級ソープ店では雑費の支払いを求められる事もあります

高級ソープの求人で雑費ありなんて書かれていたりしますけど、こちらの意味はお分かりでしょうか。
ボーナス的な物が支給されるのかな?
と考えるかも知れませんけど、残念ながらそうではありません

皆さん自身がお店側に対して支払うのが雑費ですので、勘違いをしない様にしましょう
そもそも雑費が何なのかという事はもちろんですが、それ以外に、どれくらいの金額の支払いになるか等の情報をまとめました。

実は細かい雑費の内訳

領収書雑費というとザックリし過ぎていて何となく理解が難しいです。
これは、皆さんがソープ店で働く上で使うありとあらゆる物に対して支払うお金と考えて頂いていいでしょう。
考えてみると分かりますが、お店にある様々な物は自分が所有している訳ではありません
皆さんが着用しているドレスやスーツはもちろん、お客さんが使う事になるコンドーム、イソジン、タオル等、その殆んどがお店側の負担で部屋の中に揃えられているはずです。

それ以外に光熱費も雑費の中に含まれています。
具体的には電気、ガス、水道代になります。
電気については大した金額ではありませんけど、特に金額的に多くなってしまうのが水道代です。
湯船の中いっぱいにお湯を溜めますから、そうなってしまうのも当然です。

お店によっては少量のお湯をずっと蛇口から出し続ける事もあります。
そうしておかないと前に使ったお客さんの身体の汚れがお湯に浮かんでしまいますので、キレイな状態を保つためにそのようにしている訳です。
もの凄く高額という訳ではないですが、出勤している時間中ちょっととはいえお湯を出し続ける訳ですから、それなりの金額になってしまいます。
これ以外にも送迎に車を使っているのであれば運転手さんへのお給料とか、ガソリン代とか、そういった経費が掛かってくる訳です。

それぞれ個別に請求をするという事は基本的にありません
コンドーム代がいくら、水道代がいくらという感じでやっていけばキリがないからです。
そのため、それらを一括りに雑費という形で請求しています。

いくらぐらい雑費を支払う事になるか

財布高級ソープでの雑費がいくらくらいになるかですが、これはお店によって計算式が異なっています。
例えば、稼いだ総額の1%なんて事もありますし、1人のお客さんの接客を終えたら500円とか、その様になっている事もあります。
仮に皆さんがその日10万円稼いだとしましょう。

その内の1%は1000円ですから、それを雑費として支払う事になります。
これが多いのか少ないのかは人によって感じ方がかなり違ってきます。
ただ、1日に10万円稼いでいるとすれば1000円支払った所で99000円も残る訳ですから、殆んど影響がないという見方もできます。
1円たりとも支払いたくない気持ちは分かりますけど、お店との関係を良好に保つために妥協するという事も覚えておくべきです。

そのお金が店員さん達の遊びに使われるなら腹が立つかも知れませんけど、お店を運営していく上での必要経費に充てるだけですから、それは頭に入れておくべきでしょう。
支払いという表現を使いましたが、実際の所はお給料から天引きされる形になります。
皆さんが1000円札を出して「はい、どうぞ」とやる訳ではありませんから、その辺りは勘違いしないでおきましょう。
最初から差し引かれた分を手渡されますので、損をしてしまっているという感覚はそれ程ないはずです。

その1000円が気になって仕方がないと考えるかも知れませんけど、そんなの関係ないと思えるくらい手取りを増やす方向で頑張っていただきたいです。
そうすれば気にもならなくなるでしょう。

雑費は無くなりつつあります

グラフ営業していく上で雑費が必要な物であるという事を理解されたでしょうけど、実は最近の高級ソープでは雑費の支払いがなくなりつつあります。
お店によると言えばそれまでですが、その傾向が加速している訳です。
これは、先程言った女の子の負担感を少なくする事を目的としています。
そうなると皆さんの支払いが無くなるので手取りが増えると考えがちですけど、実際の手取り額はそれ以前と大して変わらないという事が多いです。

先程、10万円稼いだ場合1000円が雑費になるという話をしましたが、雑費がない場合は皆さんが稼ぐ金額が同じ仕事内容でも99000円になります。
つまり、皆さんのバック率がほんの少しだけ下げられる訳です。
その分だけお店の収入が上がりますから、その中に実質的な雑費分が含まれているという感じです。
形式的には雑費を無くしていても、実際にはその様になっていないという言い方をすれば何となく理解ができるでしょう。

まとめ

衣装やタオル、イソジンにローションなど様々な物を使う事になるのが高級ソープです。
そういった備品類を揃えるのにも経費が必要になる訳で、それを雑費という形でお店側が請求する事があります。

手取りの合計から一定の割合を差し引く事もありますし、お客さん1人につきいくらという形になっている事もあります。
ただ、近頃は雑費の支払い無しを謳っている求人が増加傾向にあります。
とは言え、稼げる金額が単純に増えると考えるのは早計です。
手取り額が最終的にどうなるか、しっかり計算しておいてください。

コメント