大衆、中級、高級ソープのどこで働こうかで悩んでいます

ソープ店は大きく3つのランクに分かれています。
下から順番に大衆、中級、高級になっていて、それぞれに違いがあります。
どこで働くべきかで悩んでいる女の子も多いでしょう。

この選択は極めて重要です。
稼げる金額が全く違ってきますので、まずはそれを理解しておきましょう。
採用のされやすさなど、それ以外にも違いが様々あります。
何となくで選んでしまってはいけません。

できるだけ時間を掛けてお店を選んでおきましょう。

客単価が全くと言っていい程違う

男性 お金読んで字の如く、それぞれのソープ店は客単価が全く違います。

お客さんが支払うプレイ料金ですが、時間の短いコースを選択した場合、格安店から高級店まで順番に1万円、3万円、5万円位になります。
これは目安ですから、この金額とはかなり違っているという事もありますが、ここでは説明のために分かりやすい金額を設定しておきました。
この金額はお客さんの支払い額ですので、実際はこの6割程度の金額が皆さんの手元に渡ると考えてください。
ただ、プレイ時間の長さが全て同じではないので、これをそのまま比較してしまうのはフェアではありません。

この金額を貰うためにそれぞれ60分、80分、100分位掛かると考えてください。
大衆店の方がプレイ時間が短く、高級店になるに従って長くなるのが基本です。
接客が終わると休憩に入りますけど、高級店の場合は最低でも100分からなんてお店が多いですから、一休みするまでにかなりの時間が掛かってしまう事になります。
客単価が高い方が稼げるに決まっていると短絡的に考えがちですけど、お客さんの数がそれぞれのお店で違っているので、そうなるとは言い切れないです。

安いお店になればなるほど、お客さんの数は増加する傾向がありますから、大衆店の方が安定収入を見込めるという考え方もできます。
高級店の場合、支払い金額が余りにも多いので、お客さんとしても利用を躊躇ってしまいがちです。
数をこなすか単価の高さに拘るかはかなり微妙になってきます。
これは個人の魅力がどの程度あるかという事が大きく関係してくるでしょう。

間違いなく指名される自信があるのなら高級店一択ですけど、誰が見ても美人と言えるようなレベルでは無いのなら格安店の方が間違いなく稼げます
女の子のルックスに殆んど拘っていないお客さんもいるからです。
自分自身の美しさを客観的に把握するのは難しいですけど、何となくは分かっているでしょうから、それを元にお店を選択しておきましょう。
各店舗とも体験入店できる仕組みになっています。

なので、そちらの方でまず働いてみて、どんな感じになるか体感してみてください。
最初は大衆店で働き始めたけれど、この調子なら高級ソープ店でやっていけそうだと思ったのなら、早い内に移籍をすると良いでしょう。
働くのに慣れてしまうと移籍をするのも面倒になってしまいますけど、そうするとお金を効率よく稼げません
そうと決めたら行動はできるだけ早くしておくのが基本になります。

採用されやすいのは大衆店

日本 ビル採用のされやすさという観点で見てみると、やはり大衆店が圧倒的に有利です。
普通の女の子であれば採用されるかどうかを心配する必要もない程です。

逆に採用されないとすれば、余程酷い女の子だと評価されている可能性が高いです。
ただ、お店によっては既に在籍の人数が多くなり過ぎていて、これ以上雇えないという状況になっている事もあります。
もし採用されなかったとしても、お店の都合でそうなったと考えておいてください。
中級店はやや採用率が下がってきます

これ位になると、女の子の美醜が問われる事になってくるでしょう。
少なくとも並み程度の容姿が求められます。
ただ、大衆ソープと明確に線引きされている訳ではないので、採用される可能性はそれなりにあります。
見た目だけで全てが決まってしまう訳ではなくて喋り方とか表情とか、そういった事も判断されますので、私はちょっと無理そうだなと考えてしまってはいけません。

面接するだけタダですから、迷っているのならトライしておきましょう
最後の高級ソープですが、こちらはやはり特別な存在になります。
見た目的には、やはり美人でなくてはいけません。
と言っても人の価値観はそれぞれで、結局は面接の担当者の裁量に委ねられます。

自称美人の方はもちろんですけど、自信が無くてもとりあえず応募してみるなんて考え方もあるでしょう。
ただ、どう考えても無理というレベルの容姿なら止めておいても構いません。
無駄に時間を消費してしまう位であれば、大衆店で働き始めた方が効率的です。
どこのお店の面接を受けるにしても緊張する必要は無いです。

そんな事をしても何のメリットもありません
大企業の面接ではなくて接客業の仕事をする訳ですから、緊張しているというのは評価としてはマイナスになってしまいます。
お客さんとして訪れる機会の無いソープ店を覗きに行ってみようという気軽な気持ちになってください。
働き始めるにしても辞めるのが簡単な世界ですから、一大決心をする必要はありません

とりあえず在籍だけしておいて働き始めるのはもう少し後にするとか、そんなやり方もアリです。
何れにしても面接時に、お店の人にそういった働き方を希望していると伝えてください。
そうすれば分かりましたという事で了解してくれるでしょう。
間違っても無断欠勤してしまってはいけません

そういった事を続けてしまうと事実上退店したのと同じ扱いになってしまい、サイト上からプロフィールの削除等されてしまう可能性が出てきます。

最初は中級店から働いてもいい

Ok, Good最初から大衆店や高級店で働くと決めてしまうのではなく、間をとって中級店で働き始めてみるのもいいでしょう。

自分の方向性を決定させずに、とりあえずソープ嬢としてのスタートを切るという感じです。
それなりにやっていけるのかいけないのか…それに応じて今後の働き先を変えていく様にすればベストです。
場合によっては中級店が最適だったという事もありますので、その場合はそのまま同じお店で働き続ける様にしてください。
これからどこのお店で働くにしても、この中級店が1つの基準になります。

そうする事によって他のお店のお客さんの質や数、客単価など様々な事を身をもって理解する事ができるでしょう。
ネットで簡単に情報を入手できるとは言っても、やはり自分自身で稼がなくては分からない面があります。
お店のランクでプレイの時間に違いがあるとは言っても、お客さん相手にやっている事にはそれ程大きな差はありません
その点は全く心配する必要がないです。

悩むよりも行動する事がとても大切です。
そうする事によってお金が手に入りますし、今後どうするかの検討をする事もできる様になります。
一番いけないのは何もせずに考えてばかりいる状態です。
哲学者になりたいのならともかく、お金を稼ぎたいなら、とにかく行動する様にしてください。

どうしても判断しきれないなら適当に選んでしまっても構いません。
後からいくらでも軌道修正できるので、そこは頭に入れておきましょう。

まとめ

大衆、中級、高級ソープの違いですが、客単価の違いが最も大きいです。
それぞれ万単位で変わってきますが、高級ソープの方が稼げると言い切れないのが難しい所です。
お客さんがどれぐらい指名してくれるか等も関係してくるので、自分の魅力によって結果は大きく変わってくると考えてください
採用されやすいのは大衆店ですが、面接自体はどこのお店でも可能なので、とりあえず応募してみるのもアリです。

よく分からないなら中級店からスタートしてみましょう。
悩む時間そのものが無駄になってしまうケースがよくあります。
悩むのではなく、行動する事によって道が開けると考えてください。

コメント