高級ソープのボディーチェックって何のこと?何を調べられるの?

海外旅行をする時に空港でボティーチェックをされる事があります。
それとはかなり質が異なりますが、高級ソープの面接においてもボティーチェックが行われる事が多いです。

何を目的としているのか、どんな部分を重点的に見られるのか女の子としても気になってしまう所でしょう。
今更どうしようもない事もありますが、知っておけば前もって対処できる場合もあります。
合格率を少しでも高めるために、なるべく意識しておいてください。

タトゥーがあるか無いかを調べられる

タトゥータトゥーは刺青の事ですが、高級ソープでボティーチェックをする際には、まず最初に見られるポイントだと言えます。
タトゥーを見た時の反応というのは人によって随分と異なっています。
若い人たちですとファッションアイテムの一部に過ぎないという感覚が多いです。

また、年配の人になると暴力団関係者ではないかとか、その様に考える事もあります。
人によって受け止め方は全く変わるという事を理解しないといけません。
皆さんの年齢は比較的若いはずです。
50歳とか60歳という事はあまりないでしょう。

ですから、ファッションとしてタトゥーを入れているというケースが多いはずです。
しかし、先程言った様に、そうは受け取ってくれないお客さんもいます。
ですから、最初の段階でタトゥーが無ければ理想的です。
もしあるのでしたら手術等して消しておきたい所です。

時間と費用が掛かりますけど、やろうと思えばできない事はありません。
単純にタトゥーの有無を確認するだけではなくて、その大きさや位置、デザインも重要になってきます。
もし、小さくてそれ程目立たない場所にあって、尚且つデザイン的に可愛らしいものであれば、それ程問題視されない可能性が高いです。
しかし、これが大きくて目立つものであったり、デザインにしても龍とか般若のような物であれば話は変わってきます。

こういったタトゥーであった場合、大きなマイナスポイントになってしまうと自覚しておいてください。
チェックの際は当然ながら服を脱ぎますが、場合によっては下着を含めて完全に脱がなくてはいけない事もあります。
何故なら性器の直ぐ近くにタトゥーが彫られている例もあるからです。
どこまでチェックするかは、お店側の判断次第になるでしょう。

ここは、女の子の言っている事が信じられるかどうかも大きく関係してきます。
また、タトゥーを入れていそうかどうかも関係してくるでしょう。
服装や言動から、ある程度は察しがつきます。
何れにしても、最初の段階でタトゥーを入れない様にしておくのがベストである事に変わりありません。

ほんの小さな物でも止めておきましょう。
手術やレーザーで消せるとは言っても、時間が掛かってしまいます。
そのままの状態で働いた場合ですが、お客さんが指名をする時に店員さんから「この子はタトゥーがありますけど、よろしいですか?」という説明がなされます。

ここで拒否されてしまえば自身の手取りにも響いてくるので、それは頭に入れておいてください。

最近はリストカットが問題になっている

カッタータトゥー以外には、リストカット跡もチェック対象になっています。

むしろこちらの方がタトゥーよりメジャーな存在と言ってもいいくらいです。
手首や腕に傷跡がある女の子がとても増えています。
皆さんも実際にリスカされているのではないでしょうか?
しかし、これの印象が良くないというのは、特に関心の無い方であっても分かるはずです。

これから高級ソープで働く予定があるなら、リスカは百害あって一利無しとしか言いようがありません。
これをお客さんが見た時の反応ですが、いわゆる引いてしまう状態になります。
もちろんその場でそれを指摘するというケースもありますが、大抵の場合は黙っているだけでしょう。
余計な事に関わりたくないと考えるからです。

お客さんからすれば、気持ち良くなりにお店に来ているのに引いてしまう訳ですから、その落差はとても大きな物になってしまいます。
これは高級ソープ店経営者として、どうしても避けておきたい事態です。
リストカットをする理由は様々です。
生まれつきその様になりやすい人もいますが、そういった行為が一種の流行になっているという面は否めません。

芸能人やAV女優なんかもしていたりしますので、それを真似してしまうケースが案外多いです。
もしも現在リストカットをしているのなら、早急に止めておく様にしてください
傷跡が醜いだけではなくて、最悪の場合は命を落としてしまう危険性も存在しているからです。
いわゆる大衆系のソープ店であれば、採用基準がゆるゆるになっているので、リストカット跡があっても採用される確率はかなり高めです。

しかし、高級ソープはお客さんの求める女の子のレベルが極めて高いので、採用は難しいと言わざるを得ません。
有り得るとすれば、その傷跡が薄くて判別不能な程度になっているケースでしょう。
目で見て明らかに傷があると分かる様であれば極めて厳しいです。
自分自身にとっては見慣れた傷跡ですから抵抗を感じないでしょうけど、赤の他人にとっては「何故そんな事をするのだろう?」という驚きと疑問しか感じなかったりします。

リアルな現実を見つめ直していただきたいです。
傷ができても、しばらくそのままにしておく事によって幾らかは目立たなくなっていきますから、その状態に頑張って持って行ってもいいでしょう。
皮膚科に相談する事も検討しておきたい所です。

スタイルがどうなっているかを確認される

シルエット 女性ここまでについては主にマイナス面を調べていた訳ですが、ここからは、どちらかというと本人の良さを見ていく事になります。
細身か、それともぽっちゃり系か。
胸の大きさはどの程度なのか。
肌がスベスベしているのか、そうではないのかといった具合です。

もし、何らかの良さが見つかった場合は店舗サイトの女の子ページで、それが強調される事になります。
もちもちオッパイの○○ちゃんです!といった具合です。

顔と身体でいうと、お店にとって重要なのは顔になります。
それについては対面した瞬間に分かりますが、スタイルについてはそのままでは確認のしようがありません。
そのため、先程のチェックと同時にスタイルがどの様になっているかを見て行く事になります。
と言っても、顔に比べればその審査基準は緩いです。

年齢的に若いのなら肌のハリは十分でしょうから、それ以外の部分が並でも採用される可能性は高いです。
理想を言えばキリがないというのは確かです。
胸は大きいに越した事はありません。
また、それなりに細身だけれど痩せ過ぎてはいなくて、肌にはハリがあるなんて感じなら最高です。

でも、理想的なスタイルの女の子はそんなに多くないです。
これは仕方の無い話でしょう。
自分が平均的なスタイルの範囲内に入っているかどうかという事がとても重要になってきます。
こういったお店に自分で応募する位ですから、その点についてはおそらく問題ないでしょう。

とは言っても、自分自身を磨き上げていくのは大切です。
ナイスバディと言われる事の多い女の子は、皆んな何かしらのスポーツに取り組んでいた経験があったりします。
例えば、学生時代に部活でそれなりに活躍したとか、そこまではいかないにしても頑張っていたという具合です。
身体の成長と運動には関連性があって、全く何もしていない状態ですと発育が不十分になりやすいです。

今からでも遅くは無いので、それなりに運動をしておきましょう
運動する事によって適度に筋肉がつきます。
女の子が筋肉をつけるなんて聞くと、太ってしまいそうで嫌だと思われるでしょうけど、それなりの程度であれば身体全体が僅かに上に持ち上がり見栄えも良くなります。
男性でも全く運動しないと下側に垂れ下がった様になってしまいます。

加齢による衰えというのは仕方無いですが、それを目立たなくさせる効果もあります。
自分でもやれそうなスポーツを見つけて実際にやってみてください。

見た目だけで全てが決まったりはしない

割合容姿がとても大切だというのは高級ソープですから当たり前です。
そのためにボティーチェックをする事になる訳ですけど、それだけで何もかもが決まってしまうなんて事は無いです。
それ以外の会話能力とか表情とか、その様な部分もかなりのウェイトを占めています
ですから、面接をするにあたっては、それらについても考慮しておいてください。

もしもアナタが笑顔で見ず知らずの人と平気で会話をする事ができるタイプであれば、それだけで接客向きという事になります。
向いている人と、そうでない人は間違いなく存在しています。
練習でどうにかなるという面はありますが、生まれつきそうであれば圧倒的に対応しやすいです。
努力よりも才能の方がモノを言う傾向があります。

ただ、こういった良さというのは、自分自身では中々気づけなかったりします。
私の容姿レベルではちょっと採用は厳しいだろうなと思っている女の子でも、とりあえず高級ソープの面接を受けてみるといいでしょう。
意外にも採用されるなんて事もあり得ます。
不採用になったとしても、高級ソープ嬢として働く道が完全に閉ざされてしまうなんて事はないです。

やり直しはいくらでもできますので積極的になってください。
もちろん面接ですから、それなりに対策はするべきです。
やるだけの事をやったら、後は面接の日時の約束を取り付けてください。
採用率が低いとは言っても小数点が付くようなレベルではないので、合格の可能性はそれなりにあると言えます。

まとめ

タトゥーはとても身近な存在になっていますけど、これが苦手なお客さんは数知れずです。
最初の段階で無いなら理想的になりますが、もし既に身体にタトゥーがあるのなら、レーザーを照射する等して消しておきたい所です。

リストカットはタトゥー以上に問題視されますので、同じように気を付けてください。
それ以外にはスタイルの善し悪しが判断されますが、見た目だけで合否が完全に決まる訳でもありません。
総合的に評価されますので、無理そうと思ってもとりあえず面接にトライしておきましょう。

コメント