意外と幅が広いのが高級ソープの客層になります

密室の中で見ず知らずの人と何度も対面する事になるのが高級ソープですから、その客層は無視する事ができないポイントです。
年齢的に若いのか、それともそうではないのか、どんな仕事をしているのかなど様々な面から見ていく事にします。
どんな人なのか何となくであっても理解していれば接客もしやすくなります。

思っているよりも客層の幅は広いですから、それぞれについて細かく知っておくのが肝心です。

40代以降の中年のお客さんが多い

男性 中年まず年齢についてですが、40代くらいから、それ以降の人達が多いです。

70代になると少なくなってきますけど、60代は当たり前といった感じです。
何故そうなるかですが、高級ソープのプレイ料金が大きく関係しています。
時間にもよりますけど、仮に2時間なら4、5万円するのが当たり前ですから、それ相応の社会的立場の人達でなければ支払いは困難です。
常連のお客さんの多くは、いわゆるお金持ちと言われるような人たちになります。

基本的に若い人たちというのは安月給で働いている事が多いです。
歳を重ねるにつれてサラリーマンであれば給料が増えていきます。
それなりに生活に余裕が出てくるのが40代ですから、その様になるのも当然でしょう。
会社勤めの人達だけではなくて、自分で新しく事業を起こした人も多いのが特徴です。

自営業の人というのはやはり収入が多いです。
ただ、やはり経営がそれなりに安定するのには時間が掛かるので、年齢的には同じ程度になります。
プライベートでは自分と比較的年齢が近い人と交際している女の子が多いでしょうから、こういった客層については戸惑うかも知れませんが、あまり年齢のことを意識し過ぎない方がいいでしょう。
年齢を重ねても、気分的には若い人たちの方が大半だからです。

この辺りは若い女の子は中々実感する事ができませんが、肉体的には衰えていったとしても、精神的な変化というのはとても少ないです。
なので、基本的には同じ年齢くらいのつもりで接するようにするといいでしょう。
ただ、70代くらいの男性客の相手をする時は年齢のことを意識しておいた方がいいです。
例えば、シャワーを浴びている時、浴室で滑って転んでしまうなんて事も考えられます。

そうならない様に足元に気を付けて注意を促すようにしてください。
早い段階でスケベ椅子に座ってもらう様にするとか、そうしておく事によって大きな事故を未然に防ぐことが可能です。
もし転んで病院に行けば、お客さんが風俗通いしている事が身内にバレてしまうので取り返しがつきません。
どうやってお客さんをイカせようかとか、そういう方向でばかり頭を使うのではなくて、まずは安全かどうかという事を意識しておきましょう。

工事現場ではありませんけど、安全第一が大切です。
移動の際のちょっとした段差にも気を付けておいてください。
ちょっと大げさかなと思うくらいやっておくと、この女の子はとても優しいんだなという事で、お客さん側から好感を持たれる事になります。

フリーターから大企業の社長まで

社長どんな職業の人達が利用する事が多いかですが、本当に様々という感じです。
いわゆるフリーターの人たちもいますし、大企業の社長とか有名芸能人なんかもいたりといった具合です。
つまり、ありとあらゆるジャンルの人達という事になるでしょう。

来ないのは、身分証明書無しでも働ける日雇い労働をしている人くらいでしょうか。
それ以外の人達は頻度はともかくとして、高級ソープを利用していると考えておいていいでしょう。
お金持ちの利用は当然として、フリーターの男性がやって来るというのは意外に感じられたはずです。
でも、価値観は人それぞれで、格安ソープに頻繁に通うよりも、たまにでいいから高級店の可愛い女の子と楽しみたいと考える男性もいる訳です。

当然ながら皆さんはソープ嬢として、その人たちを満足させなくてはいけません。
社会的立場が低いからといって、ぞんざいに扱っても構わないなんて話にはなりません。
そういった人たちはお金に余裕がないので、リピーターになる可能性も低いです。
仮になったとしても、1ヶ月に一度利用する事ができるかどうかといった所でしょう。

でも、こういう時もやはり手抜きは許されません
むしろ、たまにしかお店に来ることができないのですから、頻繁に利用してくれる常連客よりも大切にしなくてはいけない程です。
月給換算で20万円にも満たない様な人たちですので、その事を慮るようにしてください。
会話をする中で、相手の職業を聞いていいかどうか悩みどころですけど、それは特に問題ではありません。

会話を広げるきっかけになりますので、普通に聞いておいてください。
ただ、相手が嫌がっている様子であれば、それ以上は止めておきましょう。
あと、いわゆる無職の男性が利用する事もありますけど、そういう場合にその事を笑ったり馬鹿にしたりしないでください。
これは接客をする上で当たり前のマナーの1つになります。

ネットには働いていない人を侮蔑する様な書き込みが多数ありますから、それが常識であるかの様に錯覚してしまいがちですが、様々な理由があるという事を理解しておかないといけません。
休職中かも知れませんし、病気療養中で気分転換にお店に来たなんて可能性もあるでしょう。
お金を支払っている以上は同じお客さんですから、そこで差を付けてはいけません。
アイドルではありませんが、特定の誰かに対してのみ優遇するのではなく、誰に対しても平等に接するという事を忘れないでおいてください。

いわゆる童貞のお客さんも来る

男性高級ソープの客層には、いわゆる童貞のお客さんが案外多かったりします。
どうしてそうなるのかな?

といった感じですが、初めての体験をする上で、やはり可愛い女の子と楽しみたいというのがあるからです。
格安ソープですと、正直な所ルックス的に微妙な女の子が接客する可能性が高くなってしまうので、それを避けておきたいという思惑があります。
皆さんが初体験の相手をする訳で、その役割はとても重要だと言えます。
タイプ的には、どちらかというと人付き合いが苦手ですから、皆さんがリードしてあげてください。
と言っても、無理やりな感じになってしまってはいけません。

ゆっくり時間をかけて、1段階ずつ上がっていくような感じにするのが基本です。
そして、実際に挿入をするという段階になった時は、相手側にその確認をする様にしてください。
一度入れてしまえばその瞬間に童貞ではなくなってしまうので、それを聞いておく必要があります。

高級ソープで働く女の子たちの中には、こういった童貞のお客さんとのプレイを楽しみにしているケースがとても多いです。
普段の生活では殆んど接点がない相手ですから、そう考えるのも当然でしょう。
どんな人が目の前に現れるのかを楽しみにしていただきたいです。
プレイが終わった後に、お客さんが満足をしていれば、皆さんの接客の質が高かったという証明になります。

リピートしてくれる様に丁寧な接客を心がけておいてください。

まとめ

高級ソープの客層ですけど、年齢的には40代以降が多いと言えます。

何度も通うためには安定した収入が必要で、若い人たちはその条件を満たしていない事が多いです。
職業的には何でもありという感じで、一般のアルバイトの男性もきますし、日本を代表する様な有名企業の社長や会長が来るなんて事もあります。
また、意外なくらい童貞のお客さんが多いです。
童貞ハンターを自称する女の子もいるので、皆さんも興味があれば求人に応募してみるといいでしょう。

コメント